2011年度 活動レポート

行ってきました!やってきました!こんなこと、あんなこと。

2011年4月~2012年3月の活動を紹介しています。

「みんなで楽しむスポーツフェア」に

ブラインドサッカー登場!

夢の島BumB東京スポーツ文化館(325日)

 

ブラインドサッカーコーナー始動!
ブラインドサッカーコーナー始動!

このイベントは、主にパラリンピック種目のデモンストレーションと体験、および誰でも体験できるレクリエーションスポーツなど、1日でさまざまなスポーツを楽しめるのが特徴。今年はついに、「デモンストレーションと体験」コーナー(午前の部)に我らがブラインドサッカーが登場しました。

親子で参加。息子に負けられないお父さん、必死です…
親子で参加。息子に負けられないお父さん、必死です…

サイクルリングからはブラインドサッカー選手でもあるカトケン(加藤健人)とマロン(栗原耕一)を始め、大学生ボランティアたち含め6人。さらに、BumB登録のボランティア6人が加わるという強力布陣。

残念ながら午前実施ということもあって、お客さんは少なめだったものの、子どもたちや家族連れ、中にはかなり年配の女性の参加者も!イベントの趣旨どおり「障害のある人もない人も、子どもも大人もみんなで一緒に楽しむ」場になっていたのが何よりでした。

果敢にチャレンジする姿が、カッコイイ!
果敢にチャレンジする姿が、カッコイイ!
誰でもできる、人気のブラインドキックボウリング
誰でもできる、人気のブラインドキックボウリング

この日のメニューは、小さい子どもやお年寄りでもできる「ブラインドキックボウリング」と、アイマスクでパスやシュートを行う、少し本格的な「ブラインドサッカー体験」の2種類を実施。どちらもブラインドサッカーにとって大切な「コミュニケーション&イマジネーション」を体感できるもの。また、初めて出会った者同士でも和気あいあい、それもブラインドサッカーの魅力であることを、このイベントで改めて実感しました。

午後は次のデモンストレーション競技「車いすテニス」にバトンタッチし、サイクルリングの大学生メンバーはレクリエーションスポーツにチャレンジ。シャッフルボードに始まり、ペタンク、カローリング、チェアスキーシミュレーション、スポーツ吹矢…。最初は尻込みしていた大学生たちも、いったん始めたらもう夢中でした。

☆実は、サイクルリングで制作した出来立てホヤホヤの「ブラインドサッカー広報ビデオ」が、今回のBumBでのイベントに合わせて、3月上旬から上映されていました(入口近くのユーススクウェアにて)。

詳しい内容は、ホームページ上でも近々公開予定。お楽しみに!

 

Voy!~ある選手たちの戦い~」が上映されました!

 スペースFS汐留にて、日本映画学校第24回卒業制作上映会が行われました。

日本映画学校の学生さんが、映画の主人公の1人であるカトケンを、半年追いかけて制作したドキュメンタリー映画です。作品名は「Voy!~ある選手たちの戦い~」。テーマは「絆」です。

 

平成2434日 (日曜) 1210分~1250(40分間)

制作 日本映画学校 映像ジャーナルコースA班のみなさん

 

この日、カトケンはもちろん、カトケンのご家族や友人、T.Wingsの選手、サポーター、スタッフ、ほかのチームの関係者など、大勢の方々が会場に足を運びました!

上映される前からすでに会場は、上映を今か今かと待ちわびている人たちの、たくさんの興奮と熱気で、すごい盛り上がり!

いざ、上映されたものを観てみると、カトケンと関わる人たちとのつながりの深さ、試合への情熱や思いがうまく描かれていました。

そこには関わるすべての人たちが支え合う姿があり、感謝がある。それこそが、ブラインドサッカーを通して得られる絆といえるかもしれません。そのことを強く感じさせてくれる素晴らしい内容で、上映後の会場には大きな拍手が沸き起こりました。

この映画は卒業制作ということで、今後、上映される機会はないとのこと。ブラインドサッカーの魅力である「人とのつながりの大切さ」が良く伝わる映画だけに、ちょっと残念ですね!

映画の主人公カトケンと出演したご家族のみなさんとで上映後に記念撮影!

上映後に、映画作製スタッフと主役カトケン、映画に出演したカトケンのご家族とで外で記念撮影!

カトケンとT.Wingsのチームメート、映画制作スタッフが一緒に!

今回の映画を制作した日本映画学校の学生さんとカトケン(左からプロデューサー森重 智さん、カトケンを挟んで順に右に、監督の児玉有紀さん、編集の河口清恵さん、撮影の青江 天さん)

またまた記念撮影!カメラマンが多すぎて目線がそれぞれ違うとこへ!?

上映後、会場を一歩出たところでこの盛り上がり。みんな、興奮冷めやらず!

今年も江東区民まつりへ!

10月15日(土)、16日(日)、第29回江東区民まつりが開催され、サイクルリングは、今年もNPOコーナーで出展を行いました。(16日のみ)

恒例となった、青年会議所・江東区委員会との共催コーナーでは、青年会議所のキックターゲットと、サイクルリングのブラインドサッカー体験に、延べ600人もの子どもや大人が参加し、歓声をあげながらゲームを楽しんでいました。

一方、NPOコーナーのサイクルリングブースでは、ブラインドサッカーの広報を。アジア選手権を目前にした、日本代表への応援をお願いしました。

NPOコーナーでは、ブラインドサッカーの広報を。体験コーナーでは、日本代表選手のカトケンも大忙し!

頼もしい、ボランティアの高校生たち!

マスクをして行うブラインドサッカーボウリング、子どもたちは夢中!

 

 

速報! 521日、22

福岡フットボールセンターで行われた
10回日本ブラインドサッカー選手権


.Wingsの対戦結果は以下の通り。今回は総合順位5位で大会を終えました。

521日<第一日目>

.Wings×乃木坂ナイツ 0 – 1

たまハッサーズ×.Wings 1 - 0
兵庫サムライスターズ×.Wings 0 - 0

522日<第二日目>

5位決定戦
大阪ダイバンズ×T.Wings 1-1 PK(2-3)

 

総合順位
優勝 Avanzare
2
位 ラッキーストライカーズ福岡
3
位 たまハッサーズ
4
位 乃木坂ナイツ
5
位 T.Wings
6
位 大阪ダイバンズ
7
位 兵庫サムライスターズ
8
位 FCレインボー

「東日本大震災ブラインドサッカーチャリティイベント」開催

~サッカーを愛する人たちの心意気が伝わってきた~

416日(土)、調布のアミノバイタルフィールドにて、ブラインドサッカー関係者有志が集まって、「東日本大震災チャリティイベント」が開催されました。

カトケンの所属するT-Wingsの選手・サポはもちろん、他のチームの関係者やファンも集結。

サッカー元日本代表の名波浩氏始め、フットサルの日本代表選手たちも駆けつけてくれました。

 

ブラインドサッカーやフットサルの交流試合に加え、ブラインドサッカー体験会も行われ、参加した名波さんの迷プレーにも拍手喝采でした。

他に、ブラインドサッカーグッズお楽しみ袋の販売、名波さんやフットサル代表などさまざまなゲストから提供されたグッズオークション等で、会場は大変な盛り上がり。

売上げは、今回の震災の被災者の方に寄付されました。

 

今年もやってきた!
ブラインドサッカー国内クラブチームの頂点を競う

日本選手権。

 

2011521日・22日にいよいよキックオフ!
今年の開催は九州上陸、福岡フットボールセンター

大会期間中の入場は自由、観戦も無料!

まだブラインドサッカーをご覧になったことのない方も
この機会にぜひ、ご来場ください!

 

福岡フットボールセンター
福岡市東区香椎浜3丁目21番 香椎パークポート緑地内
TEL 092-674-3048

会場情報・アクセスについてはこちらから
http://waka77.fc2web.com/studium/40Fukuoka/15football.htm