2012年度活動レポート

行ってきました!やってきました!こんなこと、あんなこと

ブラインドキックボウリング教室&広報イベント開催

1216日(日)芝浦工業大学・豊洲キャンパス~

 

前日の冷たい雨の1日から一転、晴れて温かい日曜となったこの日。江東区の湾岸地域に位置する豊洲の芝浦工業大学で「第7回大学開放DAY」イベントが行われ、サイクルリングも参加してきました。

 

ブラインドキックボウリングの体験教室と広報を兼ねたもので、10月の江東区民まつりに続いて2回目。

「コミュニティスポーツ」として地域のつながりづくりに役立てて欲しいとの思いで、10月から新たにスタートしたプロジェクトです。

 

私たちサイクルリングのブースには、開始10時から終了の16時までたくさんの子どもたちが来てくれました。その数は予想を大幅に超える400人あまり。今回も、高校生・大学生たち若者を中心としたサイクルリングサポーター(ボランティア)が大活躍でした。

当たれ~!ああ~残念!
当たれ~!ああ~残念!
小さな子どもたちを優しくサポート!ボランティアの高校生・大学生メンバー
小さな子どもたちを優しくサポート!ボランティアの高校生・大学生メンバー

体験教室の他に、「ブラインドキックボウリングのニックネーム募集」や「若者サポーター(通称:ヤングサポ)募集」コーナーも実施。ただ、来場者のほとんどが10歳以下の小さな子どもたちということもあり、ちょっとハードルが高かったかな?

でも、午前午後の2回1時間ずつ行ったニックネーム募集では、小さな子どもならではの奇想天外なネーミングが続出…改めて子どもの発想力に驚かされました。その一部を以下ご紹介します。

 

<ブラインドキックボウリングのニックネーム>

見えない編①

~「目かくしボウリング」「目かくしキック」「目かくしサッカー」など

  中には「目かくしプリプリ」(?!)なんていう愉快なものも。

見えない編②

~「ブラックボウリング」「ブラックサッカー」「ブラックボール」など

  他に「ブラボウ」「ノーアイボール」、「くらくらボウリング」は見えなくてくらくらしたんでしょうか?

キック編

~「キックフライング」「ビックリキック」「ころころキック」「キックボウリングシュート」「けりボウリング」「けりけりボウリング」「けりサッカー」(意外と語呂のいいものが多いですね!)

音編

 ~「さらさらボールボウリング」「しゃりしゃりボウリング」

(ボールに入っている鈴の音を表現してくれたようです)

番外編

 ~「むずむず目かくし音キック」(そのまんま素直に表現?)

「想像PK」「空想PK」(なるほど)

「シュートをねらえボウリング」(ん?どこかで聞いたような)

「パス練習ボウリング」(普通はシュートだけど、パスの意外な練習法か?)

奇想天外編

 ~「エレキファイヤー」(テンション上がったぁ~?)

サイクルリングの“ヤングサポ”の面々。長い1日、本当にお疲れさまでした!
サイクルリングの“ヤングサポ”の面々。長い1日、本当にお疲れさまでした!

<ミニコラム>

湾岸地域は全国でも特殊な多子化地区で、この10年余りで若いファミリー層を中心に人口が増え続けています。なかでも小学生以下の小さい子どもの数が多く、新設の小学校もあっという間に全校生徒数千人を超すほどの勢い。

一方、2006年開校の芝浦工業大学豊洲キャンパスは、開放性を重視、地域とのコミュニケーションをとても大切にしています。

そんな大学側の思いと新しく豊洲住民となった人たちが共に楽しむ場となっているのが、毎年この時期に行われる「大学開放DAY」イベント。この日も開場の10時前から大勢の子どもたちが長い行列をつくり、来場者は2千人を越えたとのことです。

「大学開放DAY!」当日の催しプログラムをご覧になれます
大学開放DAY!パンフレット.pdf
PDFファイル 811.1 KB

コミュニティスポーツとしての

「ブラインドキックボウリング」が、デビュー!

~第30回 江東区民まつり中央まつり~

今年もサイクルリングは、東京青年会議所・江東区委員会さん協力のもと出展。協同も4年連続とあって、息もピッタリでした。

さて、今回のイベントの特徴は何と言っても、ブラインドキックボウリング。地域で誰もが楽しめるコミュニティスポーツとして、多くの人に知ってもらえるよう、サイクルリングのスタッフ・ボランティア総勢17名、みんな頑張りました!

 

開催日時:平成241020日(土)・21日(日) 午前10時~午後4

会  場:都立木場公園

主  催:江東区民まつり中央実行委員会

いざ!ブラインドキックボウリング挑戦!
いざ!ブラインドキックボウリング挑戦!

サイクルリングが参加した2日目(21日)は、心地よく過ごしやすい天候とあって、会場にはたくさんの人が来場。その数なんと!502名。今回は2009年に続き久々のスタンプラリー形式で、内容は、東京青年会議所の「ゲートターゲット」「こうとう江戸しぐさ」、サイクルリングの「ブラインドキックボウリング」「ブラインドキックボウリングなるほどクイズ」の計4コーナー。

クイズコーナーでは訪れた子どもたちの頭を悩ま、難しいとの声が上がる一方で、1番面白いとの言葉を聴けた好評ぶり!?もちろん、ブラインドキックボウリングも幅広い世代に体験してもらうことができました。子どもたちが力強くボールを蹴って、キックボトルを必死に倒そうとする姿はかなりの気迫でした。

東京青年会議所のゲートターゲットも盛況!
東京青年会議所のゲートターゲットも盛況!

<ひとくちメモ①>

江東区民まつり中央まつりは、来場者数31万人(平成23年度実績)を超える区内最大規模のまつり。東京ドームの約5倍の敷地では、ふれあい広場・入口広場・噴水広場など計7つの広場に分かれ、体験型、参加型の多種多様なイベントや日本各地・世界各地の料理・物産などが楽しめるお店が数多く出展。一日いても楽しくて飽きのこない、まるでテーマパークのようなイベント。

イベントは終始大盛況!!
イベントは終始大盛況!!

さて、サイクルリング副代表で、ブラインドキックボウリングの生みの親でもあるカトケンこと加藤健人は、ブラインドサッカー関東リーグの試合と重なってしま今回は区民まつりの方には参加できませんでした。しかし、10代・20代中心のイキのいいボランティア17名が、朝9時半から夕方4時半までフル回転の大活躍。その甲斐あって、来場者にはブラインドキックボウリングの面白さや、世代を超えた触れ合いを楽しんでもらうことができました。

東京青年会議所・江東区委員会の皆さま、そしてサイクルリングのボランティアの皆さん、本当にお疲れさまでした!

2009日本選手権でのT.Wingsカトケンの雄姿(赤いキャプテンマーク)
2009日本選手権でのT.Wingsカトケンの雄姿(赤いキャプテンマーク)

<ひとくちメモ②>

「ブラインドキックボウリング」が、ブラインドサッカー(パラリンピック正式種目)という障害者スポーツから生まれたことを知っていますか?

見える人と見えない人が互いに協力し合うため、知らない人同士でもすぐ仲良くなれるというブラインドサッカーの特性を活かしながら、衝突の危険を除くなどして「3歳から80代まで」誰でも気軽に参加できるように改良したのが「ブラインドキックボウリング」。この「ブラインドキックボウリング」は、地域での仲間づくりなどコミュニティスポーツとしてオススメです!

親子でクイズにチャレンジ!
親子でクイズにチャレンジ!

 

さて、以下はスタンプラリーイベントの1つ「ブラインドキックボウリング なるほどクイズ」の問題です。ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

 

 

 

 

 

  ブラインドキックボウリングは、別のスポーツから生まれました。それはどんなスポーツでしょう?

A.  ブラインドラグビー B.ブラインド野球 C.ブラインドサッカー                         

②ブラインドキックボウリングは、1チーム何人でプレーしますか?

A.  6人         B. 9人     C. 15                        

③ブラインドキックボウリングができない人は?

A.  視覚障碍者(目の悪い人)     B. 赤ちゃん   C. 子ども

 

詳しくお知りになりたい方は、ブラインドキックボウリング紹介チラシを、下記よりダウンロードしてご覧ください(*クイズの回答も出ています)。

お問い合わせ先もチラシをご覧ください。

ブラインドキックボウリング チラシ.pdf
PDFファイル 1.3 MB

 

11回「日本ブラインドサッカー選手権B1大会」

T.wings密着リポート

 

今年の選手権は、Jリーグの試合でもおなじみ「味の素スタジアム」(約5万人収容)での初の開催となった。しかし、1日目の69日は、関東地方でも梅雨入りとなり、終日、気温が低く激しい雨が続くあいにくの天候。

今大会はここ、味の素スタジアム!
今大会はここ、味の素スタジアム!

そんな中、まず参加12チームが4つのグループに分かれて戦う予選リーグ(各チーム2試合)が行われた。初優勝をめざすカトケン率いるT.Wingsの選手・サポは、この日とても和やかな雰囲気で現地入り。

試合前のストレッチ
試合前のストレッチ
アップの練習風景
アップの練習風景

だが、試合前のアップが始まると、選手たちの顔は真剣そのものに。家族や友人はもちろん、Tをスポンサードする企業「安心ダイヤル」さんや、カトケンが勤めるアクサ生命の同僚の人たちもかけつけ、関係者が一つになって戦うという熱い雰囲気の中で試合が行われた。

一試合目、選手・サポ全員の円陣で勝利を誓う
一試合目、選手・サポ全員の円陣で勝利を誓う
カトケンのドリブルが相手守備陣を崩す
カトケンのドリブルが相手守備陣を崩す

残念ながら予選リーグ2試合の結果は、11敗でグループ3位。本来の力を出し切れないうちに1日目が終わってしまった…。とはいえ、惜しみない声援を送り続けた関係者の皆さんの温かさが、選手・サポを元気づけ、翌2日目へのヤル気を高めてくれたようだ。

このメンバーが一丸で戦い抜きました!
このメンバーが一丸で戦い抜きました!

2日目(610日)は、うって変わって快晴となった天気同様、Tのメンバーも晴れ晴れとした気持ちでリラックスして試合に臨んだ。各グループ3位同士のトーナメント戦2試合は、合計得点10、失点0の圧勝。カトケンは計8得点で大会得点王の活躍となった。

結果的に9位ではあったが、チームにとって次につながる実りある大会だったに違いない。何より、ブラインドサッカーの魅力、T.Wingsの魅力を改めて感じさせてくれた今シーズンだった。

 

  大会試合結果

 

優勝:たまハッサーズ

準優勝:buen cambio

3位:F.C.Avanzare

4位:ラッキーストライカーズ福岡

5位:乃木坂ナイツ

6位:松戸ウォーリアーズ

7位(同率):大阪ダイバンズ

7位(同率):兵庫サムライスターズ

9位:T.Wings

10位:FCレインボー

11位:山梨キッカーズ

12位:コルジャ仙台FC

 

※大会の詳細は、ブラインドサッカー協会公式ホームページでご覧になれます

http://www.b-soccer.jp/

大会チラシをダウンロードできます(文末をご覧ください)
大会チラシをダウンロードできます(文末をご覧ください)

11回 

日本ブラインドサッカー選手権

B1大会

 69日(土)10日(日)今年はなんと、

あの「味の素スタジアム」で開催!

 いよいよ年に1度の「ブラインドサッカー選手権B1大会」(いわゆる日本選手権)開催が、間近に迫ってきました! この大会は、ブラインドサッカーの天皇杯とも言える国内最大規模の大会。11回目を迎える今大会は、北は仙台から南は福岡まで史上最多の12クラブが参戦予定です!普通のサッカーとは一味違う迫力あるプレーと華麗なパス回しを、ぜひ会場でご覧あれ!もちろん、カトケン率いるT.Wingsも出場し、初の頂点を目指しにいきます!

  

 

*参加チームとスケジュール(対戦表)は、以下の通りです。

69日(土)大会1日目

10:30 代表者会議

11:10 Aコート:buen cambio vs T.Wings 

Bコート:乃木坂ナイツvs Avanzare

12:05 Aコート:松戸ウォーリアーズvs FCレインボー

Bコート:山梨キッカーズ vs たまハッサーズ

13:00 開会式

13:40 Aコート:大阪ダイバンズ vs buen cambio

     Bコート:コルジャ仙台FC vs 乃木坂ナイツ

14:35 Aコート:FCレインボー vs ラッキーストライカーズ福岡

    Bコート:兵庫サムライスターズ - 山梨キッカーズ 

15:30 Aコート:T.Wings - 大阪ダイバンズ

    Bコート:F.C.Avanzare - コルジャ仙台FC

16:25 Aコート:ラッキーストライカーズ福岡 - 松戸ウォーリアーズ 

   Bコート:たまハッサーズ - 兵庫サムライスターズ

17:05 (同率PK戦)

17:05 終了

 

610日(日)大会2日目

9:00 Aコート:Group A 3位 - Group B 3位

Bコート:Group C 3位 - Group D 3位

9:50  Aコート:Group A 2位 - Group B 2位

    Bコート:Group C 2位 - Group D 2位

10:40  Aコート:Group A 1位 - Group B 1位

    Bコート:Group C 1位 - Group D 1位

11:30  Aコート:9位決定戦

     Bコート:11位決定戦

12:20  Aコート:5位決定戦

     Bコート:7位決定戦

13:10  Aコート:3位決定戦

14:00  イベント

14:20  決勝

15:00  閉会式

  

今回は、自治体や企業、Fリーグの府中アスレチックスFC等、協力団体も多数参加。会場を盛り上げる「ゆるキャライベント」や、子どもから大人まで気軽に楽しめる体験会、多彩な企業ブース、飲食ができる出店等々、さまざまなお楽しみが予定されています!

*詳しくは、ブラインドサッカー協会のホームページでご確認ください。

http://www.b-soccer.jp/nationalgame/national_team

ブラインドサッカーファンはもちろん、まだ知らない方もぜひ会場に足を運んで、みんなで盛大に盛り上げていきましょう!(入場料は無料!出入り自由です!)

こちらは大会公式サイト

http://jpn-champ.b-soccer.jp/

また、大会期間中はユーストリームによるナマ中継も行われます。当日どうしても会場に来られないという方、ぜひご覧ください。

http://www.ustream.tv/user/JBFA_b_soccer

JBFA 日本ブラインドサッカー協会の公式アカウントです。試合やイベントを配信!!ソーシャルストリームのハッシュタグは #burasaka

 

大会概要

日時:69日(土)、10日(日)

会場:東京都調布市 味の素スタジアム

   (交通)京王線 飛田給駅下車 徒歩約10

入場料:無料

主催:日本ブラインドサッカー協会

後援:公益財団法人 日本障害者スポーツ協会、東京都、調布市

大会協賛:アディダスジャパン株式会社、株式会社東京スタジアム、スタンダードチャータード銀行

パートナー:アクサ生命保険株式会社、フィアットグループ、オートモービルズ ジャパン株式会社、ブラックロック・ジャパン株式会社、株式会社日立コンサルティング、トーヨーエキスプレス株式会社、三三株式会社

大会チラシがダウンロードできます
about_sheet.pdf
PDFファイル 2.8 MB

ブラインドサッカーのカトケンこと加藤健人選手

ディズニーファン6月号に登場!

4月22日発売のディズニーファン(講談社)に、我らがカトケンがクローズアップ!

ディズニーランドで、子どものころから大ファンのドナルドダックとツーショット。

インタビュー記事では、「夢を持つことの大切さ」を語っています。

ぜひ、書店で手にとってご覧ください!