ブラインドサッカーってどんなスポーツ?


 それは究極のイマジネーション&コミュニケーションスポーツ

 

ブラインドサッカーは、視覚障害者のために開発されたスポーツですが、健常者も一緒にプレーします。ルールはフットサル(5人制のミニサッカー)を基に考案されています。

 

 

 

ブラインドサッカーの主な特徴

メンバーは、4人のフィールドプレーヤー、ゴールキーパー(GK)、コーチ、コーラーの計7名

  *GK、コーチ、コーラーは健常者がその役割を担います

フィールドプレーヤーは視力の差を公平にするためにアイマスクを着用

ボールには特殊な鈴が入っていて「カシャカシャ」という音がします

サイドライン上には1mほどの高さのフェンスが並ぶ。これはスムーズなプレーを促すことに加え、プレーヤーが安全にプレーしたり、ピッチの大きさを把握したりするのに役立ちます

ボールを持った相手選手に対するときは、必ず「ボイ!」(スペイン語で「行くぞ!」の意味)という声を出す。これは、衝突や接触を防止するために決められたルールです

 

各選手は自分のポジションや状況をチームメイトとのコミュニケーションで確認し、イマジネーションでドリブルをし、パスを出し、シュートを放ちます!